スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

争奪戦?

2010/11/19 Fri 21:41

ここ最近ゲームを購入し、普段のオタク生活に戻っていてテレビをあまり見ていませんでした。
それでオードリーが出演した番組の感想を書いている方のブログを拝見させていただいたのですが、実に面白そうな内容の番組がありました。

ロンドンブーツの淳さんとケンドーコバヤシさんがMCの『Shibuya Deep A』なのですが。
この番組の中で何故かケンコバさんと春日さんで「若林さん争奪戦?」なるものが繰り広げられたそうですΣ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!
内容を読んでみますと、どうやらケンコバさんがもうピン芸人に飽きて若林さんと漫才がしたいから春日さんに「若林を俺にくれ!」と宣言したのだとか。
オードリーの2人は「ずっと一緒にやってきたから」と断るのですがケンコバさんは諦めず、春日さんに「俺と対決して阻止してみろ!」と挑発し、春日さんが「面白い!」と乗ったことで争奪戦がスタートしたんだそうです。
……ええと、一体何故こんなノリに(;^_^A アセアセ・・・
でもこの争奪戦のおかげでオードリーが漫才を披露してくれたそうですね。勝負の方法が、若林さんが2人それぞれ漫才をしてどっちが若林さんの相方にふさわしいのか視聴者から携帯で投票してもらうというものでしたようで。
ただあまりにアクセスが殺到したため、回戦がダウンし、実際はゲストの方に決めてもらったようですが。
で、その方は元祖オードリー(笑)を選んでくれたそうですよ。良かった良かった(*^-^)ニコ
ケンコバさんはオードリーとは結構仕事することが多いから、色々2人のことを分かってくれているのでしょうね。なかなか今テレビでは漫才できないからこういう形で機会を作ってくれたのではないかと。
ああ、見れば良かったなあ。久々にテレビでオードリーの漫才が見られたのに。
やっぱちょこちょこチェックしないとダメですねε=(。・д・。)フー

ちなみにここからは妄想と腐的なコメントが増えると思うので、隠します。
そういうのが苦手な方はご注意を。

私、前から常々思っていることがありまして。
春日さんて若林さんが自分以外の人と漫才をすることに過剰反応することが多くないですかね?
昨年のドリームマッチでのNONSTYLEの石田さんとか、潜在異色の山ちゃんとかそんな風に見えました。
ドリームマッチなんて明らかに春日さんの動揺気味に周りが「どうした? 落ち着け」みたいな感じなっていましたし。
潜在異色は話でしか聞いたことがないのですが。山ちゃんとの「たりない2人」を見たロンドンブーツの亮さんが「あの漫才は春日に見せたらあかん。春日泣くで」と言っていたらしいです。
コンビで相方が自分以外と上手く漫才やコントをすると嫉妬してしまうというのは、多分どのコンビもそうなのでしょうが、普通はそれを笑いに変えていたりしていると思うのですよね。
でも、春日さんのはたまに笑えないときがあるといいますか(;´▽`A``
そういう姿を見ていると、つい「前に同じようなことがあったのかな?」と勘ぐっちゃうのですよねえ
ほら……オードリーには例の噂があるから・・・(゚_゚i)タラー・・・
とはいえ、最近全く聞かないのでやっぱり嘘だったのか。それともこの話はタブーになってしまったのか。よく分かりませんけれど。
まあ、そんなに知られている噂ではないので「噂って?」という方もいると思うので明かしますが、本当に噂レベルの話なのでここからは今まで以上に冗談半分で聞いて下さい。

で、何の噂かといいますとオードリーの事務所の先輩の原口さんが数年前若林さんに「コンビを組まないか」と誘ったことがあるというものです。
石田さんや山ちゃんのような一時的なものではなく、もちろんケンコバさんのような冗談でもありません。
「本気(マジ)」でコンビを組もうというお誘いです。
しかもトリオではなく「コンビ」。つまり遠回し気味に春日さんと解散してくれ、と言っているようなものなわけで。
いつも思うのですが、本当だとしたら、これはどえらい話なのではないかと。
だって同期とかじゃないんですよ。先輩ですよ。
2人にとってはすごくお世話になっている先輩が、ある意味2人を引き裂こうとしたわけですから。
……まあ、それだけ当時の春日さんが酷かったからともいえますが。
初期の『告っちゃ!』でアレだったから、それ以前なんてもっと酷かったでしょうし。
『告っちゃ!』といえば、オードリーがボケとツッコミを変える切っ掛けを作ったのは原口さんだった、みたいな話をしていたのを思い出しました。

それは原口さんの第2回単独ライブでのこと。
2010年の今年で7回目と言っていたから、始まったのが2003年。2回目は2004年の話ですね。
このときに原口さんは春日さんと2人(だったと思う)でコントをやったのだとか。ちなみにその頃はまだナイスミドルだったから、春日さんはツッコミ担当だったわけで。
しかし、春日さんは本番で全く原口さんにツッコむことができず、コーナーがひとつ潰れかけたんだそうです!?(゚〇゚;)マ、マジ...
あわや先輩の単独ライブを失敗に導く可能性があったということでしょうか。
で、このとき原口さんは「春日はツッコミじゃねえ!」と思ったのだとか。
確か若林さんに「お前がフォローしなきゃダメだぞ」と忠告したとも言っていたっけ?
春日さん曰く「止めをさしてくれた」んだそうです。
オードリーがボケとツッコミを変えたのは、TV局のとあるプロデューサーから「春日のツッコミはポンコツ」と言われたことが切っ掛けだというのはTVなどでよく聞く話ですが、原口さんの話は『告っちゃ!』以外で聞いたことがありませんね。
個人名を出してしまうと、やっぱり色々問題があるのかな?
それにしてもこの話を聞いたとき「なるほどな」と思いました。
原口さんは春日さんのダメだった部分を、身を以て経験したということですね。
そりゃあ『告っちゃ!』であんだけ厳しい態度になるわけだ(^▽^;)。
若林さんも自分だけならまだしも先輩に迷惑かけたとあったら真剣に考えて、それでボケとツッコミ変えたのかなあ。
原口さんが若林さんをコンビに誘ったのも春日さんがあまりに酷すぎたから、てのもあったのかも。昔から若林さんの書くネタとかトーク力を評価していただけに。
しかも実際に一緒にコントやってその酷さを実感したわけですから。
まあ、噂が本当なら、の話ですが。

ただ、この噂が本当だった場合、春日さんが若林さんと漫才をする自分以外の人に過剰反応するのも納得がいくような気がします。
一時的でも冗談でも「もしかしたらとられるかも!?」とどこかで思ってしまっているのかもしれませんね。
何せ先輩に本気でとられかかったわけですから。
トラウマが甦った、という感じなのかも(^▽^;)
しかもあれだけの過剰反応なわけだから……。
若林さんが少しだけ原口さんに傾いた可能性もΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
そういえば春日さんが一度だけ(かどうかは定かではないが)解散に応じたことがあったんだっけか。
大抵は若林さんから解散を持ちかけられても断っていたのに、何でそのときに限って応じたんでしょうね。
春日さんも「自分が相方じゃない方がいいのでは?」と考えたことがあるってカスTで言っていたから、実は思うところがあったのでしょうか?
……まさか、この一件に原口さんが絡んでいたりしてΣ(・口・)

いやいや、それどんな昼ドラ展開だよΣ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン
すみません。妄想にも程がある話でした。

スポンサーサイト
ケイダッシュステージ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。