スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
色々やっていたら、次のゲストのシャンおじが放送しちゃいました。
まだ14日分の原口さんゲストのシャンおじの感想も書いていないので、そちらが終わるまではシャンおじもTwitterでの実況のみとさせていただきます。
ちなみに若林さん32歳初のシャンおじでしたね。
……ということは、31歳最後のシャンおじのゲストが原口さんだったわけだ。
偶然だったのでしょうが、何だか感慨深いものがありますね。

それから、明日はいよいよ若林さんの男性限定トークライブの日!
行ける方がすごく羨ましいです(*´∇`*)。
「男性限定」というところに若林さんがこのライブにかけた本気度が分かります。
肩の力を抜いて若林さん節をガンガン炸裂しちゃってください!

では、9月7日分のシャンおじの感想後編をどうぞ。

お話は、モンキーチャック解散話へ。
モンキーチャックってどのくらいの方がご存じなのでしょう?
一応説明すると、原口さんとオードリーと同じ事務所の後輩コンビでした。
年齢はオードリーよりも上で、結婚して子供もいるそうですが。
3人とはかなり縁深く、コンビの片方の星飛雄馬さん(何と本名らしい!)は波乱万場繋がりで告っちゃにも出たことがありますし、最近ではカスカスTV(春日さんキスされるあの回 笑)にも出演されていたのを覚えています。
そう、解散しちゃったんですよねえ……。
私は彼らを知ったの、失礼ながら今年に入ってからでした。
告っちゃで若林さんと一緒に「大喜利大好きコンビ」としてチャッターの大喜利を選んでいるのがすごく面白くて、今度はモンキーチャックとしてのネタを見てみようと思っていたのですが(泣)。
でも、原口さん曰く「色々あった」そうですから、仕方ないですよね。更に妻子がいるのでは考えることも多かったのでしょう。
原口さんはたくさん相談を受けていたみたいです。何でも後輩の中で一番可愛がっていたのは、モンキーチャックだったのだとか。
これにはちょっとびっくり。てっきりオードリーかビックスモールンなのかと思っていました。オードリーとは仕事も一緒にやっていたし、ビックスモールンは告っちゃのトークで名前が出てくることは多かったので。
そういえばチロさんのブログで、原口さんの結婚式の時にオードリーとモンキーチャックと原口さんの担当マネージャーと同じ席だったと書いてあったような。
多分後輩の中でも可愛がっている人たちを集めたのでしょうね。

そんな一番可愛がっていたモンキーチャックの解散。
何となく原口さん、寂しそうでした。
原「俺が一番可愛がると辞める」
なんてことを言ったりして。
……いえいえ、オードリーもビックスモールンも辞めていませんよ!
なんて思っていたら、オードリーも「ビックスモールン辞めてないじゃないですか」と同じようなことを言いました。
原「あいつらそんなに可愛がってない(笑)」
え!? あんなにご飯行ったり、お家に呼んだりしてるのブログに書いているのに!?
原口さんの可愛がっている基準てどこなんですか(^-^;)。
まあ……やっぱり後輩が辞めていくのは辛いんでしょう。
確か連戦姉妹さんも解散してしまったのでしたよね。最後(?)の単独ライブに行かれた方のブログで原口さんからのお祝いのお花が写った写真が掲載されていて「本当に後輩思いの人なんだなあ」としみじみ思いました。
春日さんが告っちゃで原口さんを「うちの大将」と言っていたときがありましたが、本当にそうですね。
オードリーも先輩だけじゃなく後輩にもお花、贈っていますか?
そういう先輩の良い所を学んで受け継いでいって欲しいですね。

原口さんはモンキーチャックが解散すると報告しに来たときの話もしてくれました。
1人じゃ聞けないから、奥さんの福下さんとビックスモールンのゴンさんも一緒に聞いたのだとか。……やっぱり可愛がっているじゃない(^-^;)。
若林さん曰くゴンさんは「緩衝材」「クッション」らしいです(笑)。
確かにビックスモールンはどちらも「癒し」っぽいからなあ。
それでモンキーチャックから「辞める」と報告されて。
辞めた後のこともしっかり考えていたそうで、原口さんも納得したそうです。もうこれは止めることはできない、と。
じゃあ、オードリーから辞めると報告されたときは2人の考えがしっかりしてなかったから止めたんですかね(苦笑)。
あの2人(というか若林さん)は勢いで「もう辞める!」と言っていた感じがしますから。
まあ、ここでオードリーのことはいいとして。
モンキーチャックの解散に複雑ながらも納得した原口さん。
しかし、ゴンさんだけは(多分)涙ながらにこう言ったそうです。

ゴ「俺の喋る相手がいなくなっちゃうから、辞めないでくれ!」

……ゴンさん( ̄Д ̄;;。
辞めて欲しくないという気持ちはものすご~く伝わるのですが。
もうそういうレベルの話ではなかったようで。
辞めるモンキーチャック本人たちからも飽きられていたとか(;´▽`A``
流石の春日さんも「自分のことしか考えてない」と呆れ気味でした。
で、若林さんは「あいつソッチなんすか?」なんて言う始末。
ソッチって何ですか! どっちですかΣ(゚∀゚*)。
まあ、それだけ必死だったのでしょうね。
若林さんが「(ゴンの相方の)チロも泣くんじゃないですか?」と聞くと「心の中では泣いてたんじゃない」と答えた原口さん。
チロさん、泣きそうですもんね(ノ_・。)。
……なんて思ってたら、次の2人のやり取りに爆笑。

原「でももう自分の中ではチロッセンの個展のことで一杯だった」
若「それ総合的に言うと泣いてないじゃないですか(笑)」


あ~、告っちゃの頃と全く変わらないこのやり取り。
最高ですo(*^▽^*)o~♪
ちなみにここでペチンと叩く音が聞こえたのですが、多分若林さんが原口さんにツッコんだんじゃないですかね。
ということは、原口さんは若林さんの隣に座っていたのかな?
まあ、若林さんと春日さん、どちらの隣に座るかという選択で原口さんが春日さんの隣を選ぶとは到底思えませんが(笑)。
何はともあれモンキーチャック、お疲れ様でした。
解散してしまったことはすごく寂しいですけれど、お2人のそれぞれの新しい出発を心から応援しています。

話は変わりまして、原口さんの結婚式の話題に。
若林さんが原口さんの結婚式で一番驚いたのは、マエケンさんがブーケトスのときに本気でブーケを取りに行ったことだったとか(笑)。
これはANNでも話していましたね。
原口さんも最後に結婚式を振り返るVTRを流したときにマエケンさんのシーンが一番目立ってしまってしまい、どうしたらいいのか分らなかったそうです。
お気持ち、察します(;´▽`A``。
ていうか、お2人ともここでマエケンさんのことを前田健前田健と言っていましたが……。
いや、先輩を呼び捨てにしすぎでしょヾ(~∇~;) コレコレ
若林さんはよくANNでも呼び捨てにしていますよね。その度に春日さんが「さんを付けなさい」とツッコんでいますが。
原口さんとはなわさんはいつでもちゃんと「さん」を付けているのに何故マエケンさんだけ? といつも思います。
そういえば告っちゃでも2人はマエケンさんの話をするとき、よく呼び捨てにしていたっけ? あと、よく一緒に弄っても。
最初は一緒になって弄りまくっているんだけど、流石に原口さんが暴走し出すと若林さんも止める側に回るところが、何て言うかリアル。
しかし、何故そんなに弄られるのか、マエケンさん(^-^;)
それから伝説(?)になっているらしい原口さん夫婦の「教会での誓いのキスが異常に長くて後輩たちがツッコんだ」話もしていました。これもANNで若林さんが話していましたね。
原口さんが言うには、神父さんが小声で「ロ~ングロ~ングキス」と囁くからそうしたんだとか。
ただ、これに若林さんは「ウソウソ(-m-)ぷぷっ」と反論。原口さんが本当だと言っても全く信じません。
若林さんが言うにあのキスは「あれは原口さんの間でした。小倉の間でした」なんだそうです。
……小倉の間って何ですかヾ(・・;)ォィォィ。
地方地方で間が違うんですか(原口さんは小倉出身)。
こういう一見よくわからないことを若林さんが言っても原口さんはきっちりついてきてくれるんですよねえ。
告っちゃでも若林さんが突拍子もないことを言ってゲストや春日さんは困惑しても原口さんだけは「わかる」って言ってくれて若林さん、すごく喜んでいましたし。
そこが若林さんが慕うポイントなんでしょう、きっと。
で、ここの若林さんと原口さんのやり取りにまた告っちゃを思い出しました。

若「(あの長いキスは)神父が言ったんすか?(゚◇゚o)ホエ?」
原「まあ、でもあれは、用意はしてましたよ ♪(* ̄ー ̄)v」
若「じゃあ、小倉の間じゃないですか、やっぱり~(^◇^)/ぎゃはは」


わちゃわちゃしちゃって、もう本当の兄弟みたいo(*^▽^*)o~♪
多分告っちゃのときみたいにお互いを見つめ合いながら喋っていたんでしょうねえ。
でも、春日さんも頑張って(?)いましたよ。ちゃんと会話に入っていて。
告っちゃの頃だと2人がわちゃわちゃしだしたら、ほぼ黙っているか笑っているかでしたからね。それだけ春日さんが成長したんだろうなあ、とちょっと思います。
ちなみに春日さんがそのロングキス事件(笑)で皆がツッコんだとき、自分はあまりよく分っていなかったと言ったら原口さんは「お前気付いていないし、周りも春日がいるの気付いてなかったよ」と笑っていました。
……いいなあ、これもまた告っちゃでよく見た光景だ。
若林さんのときとは真逆なこの厳しいお言葉。これぞ原口さん節!
他の芸人さんでも春日さんに厳しい人はいるけれど、何か違うんですよねえ、原口さんのときとは。
やっぱり昔から知っている分、愛情を感じられるからなのかな。
あと、たまに本気で説教している感じがあるところもねσ(^_^;)アセアセ...
ここからは更に3人でわちゃわちゃ……というより、原口さんと若林さんで春日さんを弄っているような雰囲気に。
もう聴いていてすごく微笑ましかったので、内容を書き写してみました。
あまりにわちゃわちゃしていてよく聞こえないため、間違っている箇所もあるかもしれませんが。

若「お前、所沢の間だから気付かないんじゃないの?」
原「所沢の間ダメだな、おい」
春「いや、そんな分かんないですよ。独特の地方の間とか、どこの地方の間は短いとか分からないから」
原「それ言ったら、俺も小倉の間がどの部分なのか分からないよ。そんな言い出したら」
若「(笑)」
春「(笑)小倉と所沢だったら所沢のが長いとか分かんないすから」
原「所沢の間の方が素晴らしい間だろ」
春「(笑)」
若「(笑)そんなことないですよ」


もう何なんですかね、この会話。
あまりに意味不明でお腹よじれるかと思っちゃいましたよ(▼▽▼)ブワッハハ!!。
これこそ告っちゃトリオの会話なんですよねえ。
3人はものっすごく楽しそうなんだけれど、聞いているこっちは訳分からんという。
でも、3人が本当に楽しそうだから、こっちもおかしくて仕方なくなる。
私は告っちゃを見ているとき、いつもそんな感じでした。
やっぱり出演者が楽しいと思っていないと、こっちも楽しくなんて感じられませんよね。
ところで春日さんの間が所沢だということは、春日さんは所沢出身ということなのかな。春日さんは埼玉出身としか知らないもので。
ちなみに若林さんだったら、築地の間?
築地の間。小倉の間。所沢の間。果たしてどの間が素晴らしい間なのか?
……考えても分かるわけないな(^▽^;)

そんな風に盛り上がる中、次回は原口さんの結婚生活の話を掘り下げることに。
とことん掘り返したいオードリーに全て埋めたい原口さん(笑)。
もうこのレポ書いている時点で次回の放送は聴いちゃっているんですが、かなり深いところまで話していましたね。
そこはまあ、次回のレポの時にじっくり(^ー^* )フフ♪
オードリーどちらも原口さんの結婚生活についてすごく聞きたそうでしたが、特に春日さんの食いつきがすごかった。
春日さんは結婚生活どころか結婚に至る経緯も知らないそうで。
これ寂しいですよね。告っちゃで「(原口さんの結婚の)切っ掛けを作りたい」「(原口さんの奥さんを)姉さんと呼びたい」「結婚したら奥さんの手料理をごちそうに行きます」なんてこと言っていたのに。
若林さんも「原口さんの結婚式の司会は僕たちがやります」とか言っていたし、同じ気持ちなんだろうけれど。
オードリーは忙しくなっちゃいましたからねえ。仕方ないといえば仕方ないのですが。
しかし、ここで原口さんがこんな発言を。

原「結婚してからオードリーさんとそんなに会ってないですもんね。忙しいからさ」

……そんなに? そんなになの? 全然じゃなくて?
この「結婚してから」というのはいつからのことなんだ?
交際宣言をした1月? 入籍した3月? 結婚式を挙げた4月?
どっちにしても今年に入ってから原口さんとオードリーは会っていたのか?
まあ、プライベートで会っていなかったとしても何かのTV番組で共演したのかもしれませんし、たまたま同じ時間に事務所にいて会ったという可能性もありますがね。

これは私の勝手な推測なのですが。
春日さんはともかく、ひょっとして若林さんは原口さんに会っていたんじゃないかな?
結婚生活の話を掘り下げると言った後、春日さんはすごく興奮していた感じだったのですよね。とにかく何も知らないから。
でも、若林さんは割と冷静な感じで。あれだけ告っちゃで原口さんの結婚に真剣だったのだから、春日さんみたいに興奮気味に「教えて下さいよ!」と言ってもおかしくないのになあ、と少し不思議に思ったのです。
だから、もしかしたら原口さんが結婚してから会ったのではないか、と。
原口さんと若林さんは2人で飲みに行ったり、原口さんのお家で2人で飲んだりするほど親しかったから、有り得るかなあ、と思いまして。
こっちの勝手な推測ですけれどね。

話を元に戻して。
原口さんにお知らせを聞こうとしたオードリーでしたが、当の本人は「お知らせ、もういいかなあ」なんてことを。
……いやいや、それじゃ今回オードリーと喋るためだけに来ちゃったみたいになっちゃうでしょうゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
それだけで満足してくれたということなら、嬉しいですけれど。
もっとも他のゲストはがっつり告知していっていると聞いたら「だったら頭からこの話したかったんだけど」と言っていましたがね。
若林さんから「(頭から告知するって)どんな人なんすか(^▽^;)」ツッコまれていました。
原口さんのお知らせは、毎年恒例の単独ライブの告知でした。
オードリーも2008年までお手伝いしていた思い出のライブですね。
原口さんの「お手伝いしていただいて」という言葉に「とんでもございません」と返す春日さんが何か好きです(*´∇`*)。
お知らせが終わったところで今回は終わり、次週へ続くことに。
ぶっちゃけちゃえば、2本撮りということなのですがね。
ここで原口さん、何故か「(次回も)来てもいいんですか?」と言って、HEY!たくちゃんや桜井ちひろさんなど、同じ事務所の芸人さんを売り込もうと画策(?)。
終いには浅井企画の人の名前まで(苦笑)。
事務所違うってヾ(~∇~;) コレコレ
オードリーの2人も楽しくツッコんでいましたよ。
私、原口さんのこういうところ好きです。自分が出演した番組で後輩や同じ事務所の芸人さんの名前言ったりして。
昔、まだオードリーが世に全然知られていなかったときもゲスト出演したラジオで名前言ってくれたり、一緒に出演させてくれたり。
本当後輩思いな兄貴ですよね(^○^)。
こういう人がオードリーの傍にいてくれて本当に良かったと思います。

余談ですがこの週のネタポリス、いつもよりも2人もやり取りに気合いが入っていたような気がしました。
普段テンション上がらないときはものすごくグダグダに終わることもある、このコーナー。
しかし、今回はボケてツッコんでボケてツッコんでの繰り返しで超ハイテンション!
やっと原口さんがゲストに来てくれて嬉しくなったのでしょうか。
あるいはこのコーナー、原口さん見ていたのかも。
そりゃあ先輩に見られていたらグダグダになんてできませんよねえ(笑)。
常に原口さんが見てくれていたら、春日さんがほとんど喋らない回とかなくなりそうだ。無理な話ですけれど。
やっぱこの3人はもう一度一緒に番組やるべきだと思います(真剣)。

というわけで、9月7日放送分だけで随分長くなっちゃいました。
それもこれも3人のトークが面白すぎたからですヾ(@~▽~@)ノ。
次の14日の放送分も多分こんな感じなると思います。
余計なこともごちゃごちゃ書きすぎていますが、3人のやり取りの面白さが少しでも伝われば幸いです。

スポンサーサイト
ケイダッシュステージ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。