スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

バトンタッチ

2010/07/15 Thu 21:03

ここでも以前のブログでもあまり書いていない、カスカスTVのことなんですが、毎回ちゃんと見ています。
ただ、我が家はCSとは契約していないので、地方に住んでいる姉に頼んで録画してもらって見ている状態。
なので、放送されてから一ヶ月経ってから見るということもざらにあります。
現在は、春日さんが可愛がる後輩を1人だけ決めよう選手権まで見ました。

いやあ、毎回見ていて思うのですが、本当にいい意味でくっだらない番組(笑)。
若林さんが○○○姿になったり、春日さんが熟女や女王様やぽっちゃり女子と戯れたり、2人で店の煙でご飯食べたり、春日さんが後輩の尻触りまくってキスしまくったり……。
改めて内容書いたら、すごいですね。
でもCSとはいえ、こんなのを本当に放送しているんですから。
毎回面白くてたまらないんですがね(笑)。
大好きなんですよ、ああいうくだらないの。リアルタイムで見られないのが残念でなりません。
何より、カスカスのときの2人はすごく楽しそうなのがいいんですよね。自分たちがやりたかったことをやっている感じといいますか。
地上波のオードリーしか知らない人にこそ見て欲しい番組ですね。「こんな2人を見てもファンでいられるか!? 私は大好きだ!」と言いたい(笑)。
やっと手にした冠番組。できれば長く続けて欲しいですが、ナレーションの方が言っていたようにこれからも「打ち切り覚悟」の企画を恐れずやっていって欲しいです。

ここからは話題が変わります。
オードリーの先輩の原口あきまささんについてちょっと語らせていただきました。

がむしゃら
意味:一つの目的に向かって、勢い込んで向こう見ずにする・こと(さま)。

この言葉は、原口さんがご自身の単独ライブのタイトルに使用されています。
何となくですが、この言葉は原口さんの芸人人生を表しているのかな、と思いました。
私は昔から原口さんのモノマネは大好きだったものの、原口さんがどこの事務所に所属しているとか、どんな芸人人生を歩んできたのかなどの詳しいことは、あまりしらなかったのです。
オードリーと先輩後輩の関係であることを知ったのも今年に入ってからでしたし。
元々私自身、お笑い芸人に重要なのは、面白い芸ができるかどうかであって、事務所がどことかどんな芸歴なのかに興味を持たなかったためというのもあります。
でも、オードリーが大好きになって、彼らのことを知る内に彼らの先輩芸人さんにも興味を持つようになって。
その中に昔から好きだったモノマネ芸人の原口さんもいて、『告っちゃ!』を見たり、原口さんやケイダッシュステージの方のブログを読んだりするようになって、少しずつ思うようになったのです。
原口さんは、本当がむしゃらに頑張ってきた人なんだな、と。

私、モノマネで笑ったのって原口さんが初めてだったんです。
それまではコロッケさんなどのモノマネを見ても「似てる」とか「すごい」など笑いよりは感心の方が強くて。モノマネはそういうものなのだと思っていました。
でも、原口さんのモノマネはいつもすっごく笑います。もちろん「似てる」とも思いますが、原口さんの場合はモノマネする人を自分に憑依させるというよりは、モノマネしながら原口さんらしさも出しているといいますか……。上手く言えないけれど
とにかくモノマネの面白さを教えてくれたのが原口さんのモノマネだったのですね。
あと、原口さんのモノマネは他のモノマネ芸人さんに比べると未完成ぽいものも多いじゃないですか。
未完成なモノマネは人によっては「似てない」で片付けてしまうかもしれませんが、私はそれを臆せずに披露して笑いに変えていけるってすごいことだと思います。
未完成でもピンポイントな部分は似ていますしね。久本さんの笑い方とか、柳葉敏郎さんの表情とか。マニアック(?)なところだとオセロ中島さんの目の動きも好きです。
こういうところってオードリーのモノマネ芸にも似ている気がします。
あの2人はモノマネ芸人じゃないから、基本モノマネってそんなに上手なわけではないと思います。でも、ピンポイントな部分だけをやることによって、上手く笑いを引き出している気がするのですよね。
その辺は原口さんの芸から学んだのかなあ、なんて思ったりしています。
勝手な想像ですが。

ケイダッシュステージの芸人さんたちはすごく絆が堅いという印象があります。
所属している芸人さんが少ないこともあるのでしょうが、やはりそういう結束を先輩芸人さんたちが作り上げてくれたからなのでしょうね。
その先頭に立っていたのが原口さんだったのかな。
世間では合コン王など、何かと不名誉な印象が前面に出てしまうことが多い原口さんですが、後輩たちから「兄貴!」と呼ばれているのを見ると本当に慕われているのがよく分かります。
オードリーも売れなかった頃、お世話になりましたものね。
『告っちゃ!』を見ていると、2人が原口さんをすごく頼りにしているのがよく分かりますもん。
それはご飯を奢ってもらったりとか洋服をもらったりしただけでなく、やっぱり原口さんの芸人としての姿勢といいますか。とにかくどんな仕事もがむしゃらに頑張っている姿に敬愛の念を抱いているからなのでしょうね。
仕事に真面目な男性はカッコイイですから。奥さんの福下さんもそんな面に惹かれたみたいなこと言っていました。

そんな風にがむしゃらに頑張りながら、オードリーのこともずっと支えてくれて……。
今私たちがオードリーの活躍を見ることができるのは、原口さんの存在があったからともいえますよね。
原口さんには本当感謝してもしきれません。
いつかオードリーの2人にも原口さんのように後輩から「兄貴!」と慕われるようになってほしいです。
2人の性格上、なかなか難しいかもしれませんが(笑)。
でもそんな風にこれまで原口さんら先輩が背負ってきたバトンを受け取る日も近いんじゃないかな。
1人では重くても、きっと2人なら背負い合って乗り越えていけると思いますから。

これからもずっと応援していきます。
オードリーも原口さんも、他のケイダッシュステージの芸人さんたちも。
みんな頑張れ!
私もがむしゃらに頑張っていきます!

スポンサーサイト
ケイダッシュステージ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。